About "ハツビロコウ"

ハツビロコウとは、

 

2015年、演劇企画集団THE ガジラによる年間ワークショップで出会った俳優たちが発足した演劇企画ユニット。
『この時代と共に生きる俳優が、今一番気になることを、自らが主体となって発信する。』をコンセプトに、特定のプロデューサー、脚本家、演出家を置かず、松本光生を中心とした俳優たちが、公演毎にそれぞれ企画を持ち寄り、その時々のテーマにより、表現方法から興行形態まで模索する、『俳優発信の演劇集団』である。
旗揚げ公演は、演劇企画集団THE ガジラの鐘下辰男による脚本を、演劇集団 砂地を主宰する船岩祐太の演出で、「セルロイド」を上演。家庭内暴力と、その発生のメカニズムを探求した。第二回公演は、同じく鐘下辰男による脚本を、本ユニット代表の松本光生による演出で、「わが闘争」を上演。この国の過疎地が抱える問題点を明らかにし、未来にその解決法を提示した。

 

★★★最新情報★★★

←「ルート64」 詳細はこちら!